アナと雪の女王の続編短編のタイトルと公開日決定!!

ツムツムと直接関係はありませんが、ツムツムのアップデートが無くて暇なのでディズニーニュースを取り上げていきましょう。

日本で歴代3位というとんでもない興行収入を叩きだしたあのアナと雪の女王の続編短編の公開日、そしてタイトルがついに決定したようです…!

アナと雪の女王・エルサのサプライズ

アナと雪の女王の続編短編のタイトルは「アナと雪の女王・エルサのサプライズ」となったようです。ソースはヤフーです。

「アナと雪の女王」の続編短編の邦題が「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」に決まった。同じくディズニー初の実写化となる「シンデレラ」(監督ケネス・ブラナー、来年4月25日公開)と同時上映。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141211-00000127-spnannex-ent

20141211-00000127-spnannex-000-2-view

楽しみですね~4月25日に公開される予定の実写版シンデレラの前に公開されるおまけ短編として制作されたようですが、監督や制作陣はそのまま引き継がれ、しかもありのままでを制作したロペス夫妻がまたこの短編のために新曲を作ってくれているようです。

いままでの短編で歌ありってありましたっけ…?あれだけ成功しているとやはり短編への気合の入れ方も違いますね~!

ストーリーは「アナ雪のその後の話で、エルサとクリストフがアナの誕生日にサプライズでお祝いをしようとするが、魔法の力が暴走して…」みたいな感じになるそうです。本編よりももうちょっとライトな感じのストーリーになりそうですね。

柳沢慎吾…じゃなくてオラフもやっぱり出てくるらしいのでオラフファンも安心です。

短編映画ってどういう意味?

アナと雪の女王の続編!?やったー!!!…でも短編映画??と思った人もいるでしょう。

ディズニー映画は最近、上映前に短編アニメを流すのがお決まりとなっており、例えばアナと雪の女王ではミッキーのミニー救出大作戦がおまけ短編として流されていました。

思い出しましたか?「あれ?アナと雪の女王見に来たのにミッキー始まった…入るスクリーン間違えたかな…?」となる上映前のあのおまけです。

私はアレを見て2Dアニメと3Dアニメと3Dメガネの技術の見事な融合と、あまりにも忠実な白黒ディズニー映画の再現に死ぬほど感動したのをいまだに覚えております。

余談ですが、このミッキーのミニー救出大作戦ではミッキーがちょっと観客が引くレベルでピートをボコボコにしていますよね(ピートを何度も地面に叩きつけ、サボテンやホークを挿したり高圧電線で感電しているのを見て喜んだりする)。

Screenshot_563

ミッキーは最初はこんな感じのちょっと頭のネジが飛んでる感じのキャラクターだったらしいのですが、当時のディズニー・アニメを見る子供の親が「主人公がこんなにヤバイやつなら見せない!」と抗議した結果、ぼくらのクラスのリーダー的な聖人君子の性格となったそうです。代わりにオリジナルのミッキーの人格はドナルドダックへ移って今のドナルドダックがあるとか。つまり本物のミッキーはドナルド…

余計な話でしたね。

短編映画と言えば他にはプリンセスと魔法のキスの上映前にはラプンツェルのウェディングが流されてたりしていましたね。

とにかくシンデレラのおまけ短編としてアナと雪の女王が公開されるようですね。もう一度、かつ新しいカットのアナとエルサとオラフを見たい人は4月25日になったら即劇場にいきましょう!

ところでシンデレラのツムも来るのでしょうか。多分来るでしょう。マレフィセントも来ましたしね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする